豊島区の北大塚にある大塚整形外科です。肩・腰・関節などの治療のためリハビリ機器や手術室も備えています。

大塚整形外科
ご予約・お問い合わせ tel.03-3917-1777

〒170-0004
東京都豊島区北大塚2丁目16-8バロックコート大塚 2F

診療案内

当院で主に扱っている疾患

脊椎疾患

頸椎、胸椎、腰椎などの疾患を取り扱っています。いわゆる肩こり、首こりや、腰の痛みは脊椎由来が多いでしょう。頸椎の疾患では首や肩の痛みのほかに腕のしびれを呈することがあります。腰の病気では臀部から大腿(ふともも)、下腿(ふくらはぎ)の痛みをきたす坐骨神経痛を合併することがあります。胸椎の病変は多いとは言えませんが、肋間神経痛は胸椎が原因のことが稀にあります。

関節疾患

関節は四肢や体幹を動かすために全身いたる所に存在します。その部位、特性によってり患しやすい疾患は異なります。
関節疾患でいらっしゃる患者さまで一番多いのは膝の病気です。荷重関節である膝関節は軟骨がすり減り変形する変形性関節症が多いです。それ以外でも半月板や使い過ぎによる腱、滑液包の炎症も少なくありません。
肩の疾患はいわゆる四十肩、五十肩と言われる肩関節周囲炎が多いです。他にインピンジメント症候群や野球肩などスポーツ障害も少なくありません。
肘で多いのはテニス肘と呼ばれる上腕骨外側上顆炎です。手関節への負荷から発症することが少なくありません。
股関節の疾患としては臼蓋形成不全からくる変形性股関節症があります。小児期には股関節の炎症性疾患も少なからず認めます。
足関節の疾患は使い過ぎが原因のことが多く、繰り返す捻挫を放置したことによる後遺障害も珍しくありません、足関節の炎症性疾患としては痛風発作も考慮が必要です。
手指の関節でよく見るのは、ヘバーデン結節やブシャール結節などの変形性関節症です。両方の手関節が腫れてくる場合は関節リウマチも考慮が必要です。

外傷性疾患

強い外力が加わり、身体が損傷することを外傷といいます。整形外科では運動器の損傷を主に扱います。
外傷性疾患で扱われるのは骨折、脱臼、捻挫、打撲、創傷、腱や筋の断裂です。患者さまに合った加療が行われないと後遺症を残すことがあるので注意が必要です。

放置されやすい外傷

「尻餅で腰が痛い」

高齢者が自宅内で転倒し、尻餅をついて受傷しやすいのが脊椎の圧迫骨折です。受傷初期には変形が軽くても、放置すると圧壊が進行するので注意が必要です。

いわゆる「突き指」

ボールを手で扱う競技で起こしやすい外傷です。捻挫(靱帯損傷)も多いですが、剥離骨折も少なくありません。
患者さまに合った固定をしないと治癒に時間がかかります。

「足首の捻挫」は軽視されやすい

学生スポーツでよく目にするのは足関節の靱帯損傷です。捻挫と呼ぶと非常に軽く扱われ、治療せずに運動を続けていることもよくあります。足関節を捻じることで起きる骨折は少なくありません。後遺症として関節が緩いままになり、変形性関節症に移行することもあります。

「転倒で手をついた」

転んで手をついたときに橈骨が骨折するのは稀ではありません。高齢者に多いのですが、幼児期も若木骨折としてよく骨折します。